Yurico. Piano Recital― 天地創造 ―「大地から水の揺らぎ」 

開催日時 2019年5月23日(木曜)  19:00開演 
会場 ルーテル市ヶ谷センターホール
URL : ルーテル市ヶ谷センターホールホームページ
交通 JR総武線 市ヶ谷駅 地上出口より徒歩7分
都営地下鉄新宿線 市ヶ谷駅 A1出口より徒歩7分
東京メトロ南北線 / 東京メトロ有楽町線 市ヶ谷駅 5・6出口より徒歩2分
URL : ルーテル市谷センターホール アクセスマップ
入場料 3,000円 (全席自由)

お申し込み / お問い合わせ

山本百合子友の会で、チケット発売をいたしております。
山本百合子友の会   Tel/Fax :042-339-0321
              :080-5041-5402
メールでのお申し込み・お問い合わせ : お問い合わせページ

曲目

◆ヘンデル/Händel

「メヌエット」
Menuet HWV434

◆ベートーヴェン/Beethoven

ピアノソナタ第30番 Op.109
Sonata No.30 Op.109

◆ドビュッシー/Debbusy

プレリュード「亜麻色の髪の乙女」
Prelude"La fille aux cheveux de lin"

「喜びの島」
"L'isle Joyeuse"

◆ラヴェル/Ravel

「夜のガスパール」
"Gaspard de la Nuit"

「亡き王女のためのパヴァーヌ」
"Pavane pour une infant défunte"

エッセイ

草木が萌え出ずる頃、5月23日 (木曜日) 午後7時開演、ルーテル市ヶ谷センターホールにて、ピアノリサイタル「大地から水の揺らぎ」をお届けいたします。大地から湧き上がり流れ出る水のように、音のしぶきを感じていただきたい夕べです。

オープニングは、ヘンデル (1685-1759)「メヌエット」。ケンプの編曲で演奏いたします。ロココ調のエレガントな宮廷メヌエットが、その日の疲れを癒してくれる優しさに満ちています。
続いて、 ベートーヴェン (1770-1827) の後期のピアノソナタ第30番をお聴きいただきます。全32曲あるピアノソナタの後期3曲の中でも、ロマン派ベートーヴェンと言いたくなるほど自由で豊潤です。即興的な第1楽章、短くて自由奔放な第2楽章、第3楽章は神さまと向き合うような荘厳な主題と6つの変奏曲です。変奏曲の天才ベートーヴェンの真骨頂と言えます。

次に、フランス印象派の作曲家、ドビュッシー(1862~1918)の名曲です。
プレリュード「亜麻色の髪のおとめ」は、“夏の明るい陽をあびて、ひばりとともに歌う、さくらんぼの実のくちびるをした少女”の詩に乗せて書かれました。そしてドビュッシーの名曲「喜びの島」。ルーブル博物館にある、フランスの画家ワトーの作品「シテール島への船出」からの着想。18世紀フランスを代表する美術様式、ロココ時代最後の絵です。ピアノ技巧を駆使して書かれ、豊かな想像力と絵画的な色彩感に溢れ、愛の歓喜に満ちています。

後半は、フランスの作曲家ラヴェル(1875~1937)の最高傑作と言えるピアノ曲「夜のガスパール」です。詩人ボードレールに刺激を与えたという散文詩集「夜のガスパール」は、若くして逝ったフランスの詩人ベルトランによるものです。神秘的な幻想と、奇怪で不気味な雰囲気を持つ詩の内容はラヴェルの心をとらえ、超絶技巧をもつ幻想的な「ピアノのための3つの詩」を書きました。“水の精”“絞首台”“スカルボ”です。

最後は、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」です。パヴァーヌは、スペインに起源を持つ16世紀の宮廷舞曲で、甘美な情感をたたえたメロディが有名です。

みなさまと“音の織りなす美しい揺らぎの夕べ”を、ご一緒できますことをお待ちいたしております。

百合子